クレンジングミルクとクリームの使い分け

こんにちは。

 

美容師 兼
アンチエイジング部・リーダー
廉(レン)です。


☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

「はじめまして」の方は
⇒ コチラ

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

 

メイクをしている人なら、
毎日帰宅後にクレンジング
する必要があります。

様々なクレンジング剤

販売されていますが、
自分の肌に合うものを使わないと
肌トラブルのもとになります。



様々なクレンジングがありますので、

お肌のコンディションに合わせて
選択してみましょう。

肌本来の油分も取り除いて

しまうことがありますが、
オイルクレンジングなら化粧汚れを
きちんと落としてくれるでしょう。



オイル型では皮膚の水分が

減ってしまうという人は、
刺激がマイルド
ミルクやクリームの
クレンジングがいいでしょう。

目の周りだけしっかりと

メイクを施しているという方は、
目だけオイルクレンジング使う
というやり方も
心がけたいものです。

ベースメイクはミルクやクリームの

クレンジング剤で洗い落とし、
濃いメイクをしている場所だ
オイルクレンジングを使うわけです。


しっかり化粧をしてある部分に

洗う力が弱いクレンジング剤を使っても、
なかなか化粧を落とすことができず
皮膚に負担になってしまいます。

メイクは少ししか

していないという人は、
オイルクレンジング剤は使わないで
ミルククレンジングなどで
さっと洗う程度に留めましょう。

ミルク型のクレンジングは

肌の保湿力が強くなく、
ちょっとしたことで乾燥する
という人に適しています。

メイクの油分を分解する力は

強くないですが、
皮膚本来の油分を

奪う心配もありません。

クリーム型のクレンジングは

濃いメイクを洗い落としたいものの、
皮膚には刺激を与えたくない
人向けになります。


今回は以上です。


最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

美容・ビューティーランキング

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆


ブログランキング・ にほんブログ村へ

にほんブログ村
☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

アメクリップ

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆