敏感肌や乾燥肌の人にはミルククレンジングがおすすめ

こんにちは。

 

美容師 兼
アンチエイジング部・リーダー
廉(レン)です。


☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

「はじめまして」の方は
⇒ コチラ

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

 

ミルククレンジング
数あるクレンジング剤の中でも、
特に低刺激のクレンジング
求めている人向きです。



自分自身の肌質を理解した上で、

クレンジング剤を見極めることが
ポイントです。

毛穴の奥まで入り込んだ

メイク汚れを洗い落とすには、
リキッドタイプオイルタイプ
クレンジング剤が適しています。

敏感肌乾燥肌の人の場合、

オイルタイプやリキッドタイプの
ものを使用すると、
肌に必要な皮脂まで
洗い流してしまいます。

洗い上がりの力は強いものの、

お肌が必要としている
油分まで奪われると、
スキンケアにも一苦労します。

ミルククレンジングは

乳液のような質感のため、
肌になじみやすく
肌にやさしいのが特徴です。

洗顔後の肌がしっとりしているのは、

肌にもともとある油分が
保持されているためです。

肌を乾燥から守るために

皮膚が分泌している油分は損ねず
メイク落としをすることができますが、
その分洗浄力は弱めです。

クリームクレンジング

洗い上がりの感触が自然ですが、
ミルククレンジングのほうが
柔らかく洗いあげられます。

肌の上でメイクとなじませる

時間を考えると、
クリームタイプよりも
ミルククレンジングの方が
肌への負担が少ないと言えます。

ミルククレンジングは

洗いあげる力が弱いため、
アイメイクや口元のメイクなど、
濃い目のメイクをしている部分は
オイルクレンジング
使うという方法もあります。

肌のタイプだけでなく、

肌の状態メイクの場所によって
クレンジングを
上手に使い分けることが、
美しい肌を維持するためには
必要になります。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

美容・ビューティーランキング

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆


ブログランキング・ にほんブログ村へ

にほんブログ村
☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆

アメクリップ

☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’。・:*:・゚’★,。・:*:・゚’☆