ミルクタイプとオイルタイプのクレンジングの選び方

2018/10/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)です。 アンチエイジングのために美容・健康に関する情報を 配信しています。 お役にたてれば嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

ミルクタイプオイルタイプなど、クレンジング剤には様々なバリエーションがあります。



自分の肌質に合ったクレンジングを
選ぶことはもちろんですが、毎日使う物ですから使用感も重視することが大切です。


スキンケア
では
ファンデーション、口紅、アイシャドウなどの化粧を落とすことが条件になります。

 

 

ミルクタイプとオイルタイプのクレンジングの選び方

 

毎日のようにメイク落としはしなければいけませんが、しっかりとスキンケアを行うことが、健康な肌を保つためには必須です。

 


メイクが肌に残ってしまうと、
高価な化粧水や美容液を使っても肌に浸透させることができません。

毛穴の奥に詰まったメイク汚れが、
吹き出物ニキビ等の肌トラブルを発生させる原因にもなります。


化粧水選びに時間をかけてる
人は大勢いますが、クレンジング選びは二の次という人もいます。


クレンジングには種類があり、
ジェルタイプをはじめミルクタイプオイルタイプ等さまざまです。


乳液のような見た目で
皮膚にしっとりとなじむのが、ミルクタイプの特徴です。


乾燥が気になる肌の人に
向いているクレンジングで、肌が弱い人などにおすすめする商品です。

クレンジングオイルは、
その名の通り油分が含まれているタイプです。


手に油の感覚が残るのには
抵抗があるという方もいますが、油分を含んだメイクを落とすには効果的です。

 

 

ジェルタイプクレンジングのメリットとデメリット

 

多くの女性がメイク落としにクレンジングをしているため、数々のメーカーがクレンジング剤を販売しています。


数ある中でも
ジェルタイプのクレンジングは、他のタイプのものと比べて肌への密着度が高く浸透しやすい特徴を持っています。


肌をこすらずに
洗うことができますので、ジェルタイプのクレンジングはお肌が刺激に弱いという人でも安心して利用できます。

 


クレンジングを選択する時には、
タイプ別の特徴について
理解しておくことで、自分の肌に適した商品を選ぶことができます。


ジェルタイプ
のクレンジングは、
オイルが含まれているものとそうでないものがあります。


油分が含まれているクレンジングシェルが大半で、油分を含まないものはごくわずかです。


くっきりとメイクをする人は、
オイルを含有した洗う力の高いクレンジング剤を使うことで、化粧落としがしやすくなります。


クレンジング力が強くなりますが、
それだけ肌への刺激が強めになる点がデメリットでもあります。


オイルが含まれている
クレンジング剤は皮膚の上でよく伸びるので、マッサージにも向いています。


一方オイルの入っていない
タイプのものは、界面活性剤のみでメイクを落としていきます。


そのためメイクの落ち方は
少し劣りますが、肌への刺激も少ないため、ナチュラルメイクしている方にはおすすめです。


クレンジング剤を選ぶ時には、
それぞれの商品がどういった性質を持っているか確認した上で、自分にとって使いやすいものにすることが大事です。

 

 

クレンジングミルクとクリームの使い分け

 

様々なクレンジング剤販売されていますが、自分の肌に合うものを使わないと肌トラブルのもとになります。

 

様々なクレンジングがありますので、お肌のコンディションに合わせて選択してみましょう。


肌本来の油分も取り除いて
しまうことがありますが、オイルクレンジングなら化粧汚れをきちんと落としてくれるでしょう。

 



オイル型では皮膚の水分が減ってしまうという人は、刺激がマイルドなミルクやクリームのクレンジングがいいでしょう。


目の周りだけしっかりと
メイクを施しているという方は、目だけオイルクレンジングを使うというやり方も心がけたいものです。

ベースメイクはミルクやクリームの
クレンジング剤で洗い落とし、濃いメイクをしている場所だけオイルクレンジングを使うわけです。


しっかり化粧をしてある部分に
洗う力が弱いクレンジング剤を使っても、なかなか化粧を落とすことができず皮膚に負担になってしまいます。

メイクを少ししか
していないという人は、オイルクレンジング剤は使わないでミルククレンジングなどでさっと洗う程度に留めましょう。


ミルクタイプ
のクレンジングは、
肌の保湿力が強くなくちょっとしたことで乾燥するという人に適しています。

メイクの油分を分解する力は
強くないですが、皮膚本来の油分を奪う心配もありません。


クリームタイプ
のクレンジングは、
濃いメイクを洗い落としたいものの、皮膚には刺激を与えたくない人向けになります。

 

 

敏感肌や乾燥肌の人にはミルククレンジングがおすすめ

 

ミルククレンジング数あるクレンジング剤の中でも、特に低刺激のクレンジング求めている人向きです。

 



自分自身の肌質を理解した上で、
クレンジング剤を見極めることがポイントです。


毛穴の奥まで入り込んだ
メイク汚れを洗い落とすには、リキッドタイプオイルタイプクレンジング剤が適しています。


敏感肌
乾燥肌の人の場合、
オイルタイプやリキッドタイプのものを使用すると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。


洗い上がりの力は強いものの、
お肌が必要としている油分まで奪われるとスキンケアにも一苦労します。


ミルククレンジング
乳液のような質感のため、肌になじみやすく、肌にやさしいのが特徴です。


洗顔後の肌がしっとりしているのは、
肌にもともとある油分が保持されているためです。


肌を乾燥から守るために、
皮膚が分泌している油分は損ねずメイク落としをすることができますが、その分洗浄力は弱めです。


クリームクレンジング
洗い上がりの感触が自然ですが、ミルククレンジングのほうが柔らかく洗いあげられます。


肌の上でメイクとなじませる
時間を考えると、クリームタイプよりもミルククレンジングの方が肌への負担が少ないと言えます。


ミルククレンジングは
洗いあげる力が弱いため、アイメイクや口元のメイクなどの濃い目のメイクをしている部分は、オイルクレンジング使うという方法もあります。


肌のタイプ
だけでなく、
肌の状態メイクの場所によってクレンジングを上手に使い分けることが、美しい肌を維持するためには必要になります。

 

 

クレンジングオイルの種類や利点について

 

クレンジングオイルにはいくつか種類があるので、購入する時には適した商品を選ぶようにしましょう。


クレンジングオイルの用途は
いずれの場合もメイクを落とすことですが、どんな成分が含まれているかは商品によっていろいろです。


クレンジングオイルの性能はいくつかあって、
肌を白くするもの美肌効果があるものお肌をなめらかにしてくれるものなどがあります。


アイメーク
などを落とすのに
苦労されている人も多いようで、アイメークのクレンジングに特化した商品もあるくらいです。

 

メイク汚れが簡単に落ちるようにクレンジングオイルを顔にのばしておくだけで、メイクが浮き出させ、流水で洗うことが可能です。


オイル成分が多いメイクを溶かし出すには、
オイル成分を含んでいるクレンジング使う必要があります。


クレンジングオイルの油分がメイクの油分を
分解する役目を果たしてくれるので、
しっかり洗い流すことができるのです。


普段メイクをして家を出るという人は、
どんなに疲れて帰ってきても、帰宅時間が遅くなっても、クレンジングをしなければいけません。


お肌をきれいな状態に保っておくためには、
クレンジングを毎晩するだけでなく、洗顔後の洗い残しや泡汚れを残さないことが重要になります。


クレンジングのすすぎ残しが無いように、
最後まで洗い流すことが大切です。

 


人によっては、
バスタイムにクレンジングを行うタイプのクレンジング剤がいいという方もいます。


濡れた手で扱えるクレンジング剤なので、
一般的なクレンジングオイルよりも簡単に扱うことができるものです。


用途によってもいろいろありますので、
自分に合った種類のものを探してみるのもいいですね。

 

 

クレンジングオイルの洗浄力と肌への影響について

 

クレンジングオイルはメイクを落とすために使うものですが、美容効果のある成分を配合した商品もあります。

 


メイクを洗い流すと共に、
お肌の健康に必要な成分を皮膚へと浸透させることができるクレンジングオイルは、美容効果をアップしてくれます。


洗顔に加えて美容にもいい
クレンジングオイルを使う人は多く、特にココナッツオイルオリーブオイル含有しているクレンジングオイルが高い人気を誇っています。

 



人気のクレンジングオイルは、
今さまざまなメーカーから販売されています。


ネットのまとめページ
美容情報雑誌
スキンケア用品の口コミ情報などでは、
クレンジングオイルがよく取り上げられます。


メイク落としのための
強い洗浄力を持っていることが、クレンジングオイルの特徴です。


ジェルクレンジング
ミルクの
クレンジングなどでは難しい濃いメイクも、
しっかりと落とすことができる便利な商品です。


洗い上がりの力が強すぎる
クレンジングオイルの場合、肌が刺激に弱い人は肌荒れや乾燥肌の原因になります。


クレンジング剤の中でも、合成界面活性剤
使用していないものがありますので、肌が弱い人はそういうものを探しましょう。


洗浄力が高いクレンジングは、
メイクを落とすために必要な時間が短くなり、その分だけ肌への負担が軽くなります。


ただ、お肌に必要な水分が
クレンジングオイルで失われてしまうこともあります。


肌を乾燥させずにクレンジングをしたいならば、
ジェル状又はクリーム状クレンジング剤がおすすめです。

 


ニキビができていたり、お肌のコンディションがよくない人は、クレンジングオイルは控えたほうがいいかもしれません。


無理にクレンジングオイルで洗わず、
少しぬるめのお湯だけで洗って様子をみてみましょう。

 

 

正しいクレンジングオイルの使い方

 

クレンジングオイルを使用している人は多いと思いますが、正しい方法で洗顔できていますでしょうか?


洗顔石鹸
だけでは、
油分の含有量の多いメイクをしっかり洗い落とすことができません。


オイル成分の多いメイクを使っているなら、
化粧落としにはクレンジングオイル使うべきですね。

 

 



クレンジングにも種類があるので、
汚れのタイプによって使い分ける必要があります。


クレンジングオイル
は、油の成分をしっかり溶かして洗ってくれますので、
オイリーな化粧品を使っている人利用していただきたいものです。


ただし、洗う力が強いクレンジング剤ほど
肌の元々持っている油分までも除去してしまうことがあります。


クレンジングオイル
は使い方を守ることで
肌への負担をかけることなく、しっかりとメイクを洗い流すことができます。


洗顔に用いる泡を作るためには、
最初に手をよく洗って汚れを落としてから泡作りに取りかかります。

 


手の平に余分な汚れがついていると
洗顔もスキンケアも十分にできないだけでなく、肌トラブルの原因にもなってしまいます


洗顔料と同じように、顔全体をゴシゴシと
擦るように洗顔するのではなく、油性のメイクをしている目元や口元などの部位ごとに落としていきます

 

 

まとめ


商品によって適切なクレンジングのやり方は
異なっていますので、使用前に説明欄に目を通して確認をしておくことです。


きちんとクレンジングオイルを
使うことによって、油分を多く含んでいるようなメイクでも十分に落とせます。      

 

いま一度、クレンジング方法を見直してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)です。 アンチエイジングのために美容・健康に関する情報を 配信しています。 お役にたてれば嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください