汗の臭い対策

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)です。 アンチエイジングのために美容・健康に関する情報を 配信しています。 お役にたてれば嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

人は汗をかく生き物です。

 

汗は皮膚の表面で蒸発することで体の熱を奪い、体温調節をしてくれる人の体に備わった大切な機能です。

「でも、汗ってベトベトするし臭いから出来るだけかきたくない!」 と思いますよね?

しかし、なんと体温調節をしてくれる汗の成分のほぼ99%以上が水で構成されている為、ほとんど臭いはありません。

「じゃあなぜあんなに汗臭く感じるの?」

そんな汗の臭いの疑問にお答えする為、臭いの原因と対策方法についてご説明します。

 

 

2種類の汗腺

 

人には汗を分泌する汗腺とよばれる器官が皮膚の奥深くから表面まで伸びた管状に存在します。

この汗腺にはエクリン腺(小汗腺)」「アポクリン腺(大汗腺)」の2種類が存在します。

エクリン腺とは体温調節機能に発達した汗腺で、人の体のほぼ全身にあります。

これは発達した脳の機能を熱から守る為に、体温調節機能も発達したと考えられています。

だから、エクリン腺から分泌される汗は体温調節が優先の為、ほぼ水分で臭いもほとんど感じないのです。

もう一方のアポクリン腺とは、昔から哺乳類に備わっているものですが、発達したエクリン汗腺をもつ人は脇、陰部、乳首、耳の中などの一部分にあります。

アポクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれていて少し粘性があります。

この汗はフェロモンともいわれ、哺乳類が互いに個体として識別する為や、生殖の為に必要な汗のため臭いを感じます。

「それじゃあ、汗の臭いの原因はこのアポクリン腺なんだ!」

と考えてしまうのも無理はありません。

実際ワキガの原因はこのアポクリン腺にあるといわれています。

しかし、ベトベトの汗の臭いの原因は他にあります。

 

ベトベト汗の臭いの原因

多くの汗による臭いは、汗をかいた後で清潔に保たない為に、汗に含まれる皮脂が酸化することで起きます。

しかし、ベトベト汗が臭う原因は他にもあります。

本来はほぼ臭わないエクリン腺の汗、この汗がエクリン腺の機能低下により臭いを放つことがあります。

汗腺から分泌される汗は血中の水分から生み出されます。

この水分の中には栄養素が多く含まれていますが、汗として分泌される前にそれらの栄養素を体内に戻します。

ただ、中には戻しきれなかった栄養素がそのまま汗の中に混じり分泌されることもあります。

この混ざった栄養素の中に塩化ナトリウムなどがあるため、汗がしょっぱかったりベタつきを感じます。

 

エクリン腺の機能が低下すると栄養素を体内に戻す働きが衰え、汗に含まれる成分が多くなり臭いも強くなるのです。

 

では、なぜエクリン腺の機能が低下してしまうのか?

それは主に体質の変化にあります。

運動不足により新陳代謝が悪くなり汗をかかなくなると、やがて汗腺はその機能を衰えさせてしまい、体に悪い汗をかく体質へと変化してしまいます。

機能が落ちた汗腺の負担が正常に働いている汗腺に影響しさらに機能低下を促し、悪循環を生むこともあります。

こうなると、ますます汗の臭いが強くなるでしょう。

 

汗の臭いを改善するには

 

この臭いのキツい汗をかいてしまう体質はどのようにすれば改善されるのでしょうか?

臭い汗をかく体質の改善方法

・適度な運動
汗腺を刺激する
クーラーにあたり過ぎない

この3つの改善方法について解説します。

 

適度な運動

汗が臭くなるのは運動不足から体質が変化することが多いです。

適度な運動で体にいい汗を流しましょう。

オススメは、ウォーキングジョギングなど有酸素運動を20~30分を週3回以上することです。

 

大切なことは汗を流すこと、無理するとストレスになり、体臭が強くなるので自分に合わせて無理なく運動しましょう。

 

お風呂で身体を温める

身体を温めると汗腺が刺激され機能が低下した汗腺が活発になります。

温めかたは、両手両足をお湯に浸ける方法が効果的といわれています。

 

お湯に浸ける際は、肘、膝から下の部分をしっかり湯船に浸けてください。

手足の先を温めると血流も良くなり身体が温まります。

しだいに汗が全身から噴出してきて汗腺の機能が戻ってきます。

目安としては40度くらいの熱めのお湯に15分程度浸け、汗が噴出してきたら少しお湯をぬるめて下さい。

汗が滴り落ちるくらいが理想的です。

もしも入浴中に気分が悪くなった場合は中断しましょう。

 

クーラーにあたり過ぎない

夏はとても暑く熱中症に気をつけなくてはなりませんが、クーラーで身体を冷やしすぎるのもよくありません。

 

自律神経が乱れ発汗作用が正常に働かなくなります。

クーラーの温度はすこし高めに設定するなどして、ジワリと汗をかくようにしましょう。

 

まとめ

 

ベタつく汗の臭いの原因は汗腺機能の低下で起きるということについて解説させていただきました。

気になる汗の臭いの対策には体質改善のために運動など汗をあえてかくことが一番良いということです。

しかし、この対策方法はすぐに効果が出るわけではありません。

どうしても急場で汗の臭いを抑えたい、そんな時には清潔なタオルや市販の汗拭きシートなどで汗をしっかりふき取ることが大切です。

 

制汗スプレーなどで汗を抑える際は吹きつけすぎに注意しましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)です。 アンチエイジングのために美容・健康に関する情報を 配信しています。 お役にたてれば嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください