12歳若返りも夢じゃない  アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)の美容・健康法

アンチエイジング部・リーダー 廉が、12歳若返りもできる美容・健康法をお届けします。

star 人気RSS

頬のたるみを解消し美顔になるには

time 2018/12/15

頬のたるみを解消し美顔になるには

 

たるみのない頬になることは、美顔になれる条件だといいます。

 

頬にたるみがあると、どうしても外見のイメージが老けて見えがちになります。

 

たるみをなくすスキンケアを心がけましょう。

 

 

頬のたるみを解消する方法

 

顔のたるみは見た目年齢に直結します。

 

 

たるみのない頬になって、若々しい外見を維持したいという女性は少なくないといいます。

 

頬にたるみができるのは、年をとって、肌の弾力が失われることが関係しています。

 

年齢を逆行することはできませんが、お肌にたるみが出る理由はこれ以外にもありますので、それに対して対処をしていきましょう。

 

お肌には、保湿や弾力に関わる成分として、コラーゲンヒアルロン酸エラスチンといった成分が存在しています。

 

これらの成分が失われる原因が、年齢の他、紫外線や、不健康な生活です。

 

頬のエクササイズをすることで、たるみをなくすという美容方法があります。

 

口を閉じて舌を動かすことで、頬のたるみを防ぐエクササイズをすることができます。

 

口の中で舌を右へ出し、左に出すことで、頬を取り巻く筋肉を動かします。

 

それから、頬をすぼめます。筋肉が動いている状態を意識して行います。

 

それから、空気を口の中に入れ、口の中にしばらくとどめることで、ほうれい線を消します。

 

毎日頬のエクササイズを行うことによって、頬のたるみの目立たない、ふっくらとした皮膚になることができます。

 

エラスチンや、コラーゲンが少なくなる以外にも、肌のたるみが目立つようになるケースがあります。

 

ひどい肩こりに悩まされている人は、それが頬のたるみの原因かもしれません。

 

 

あるべき場所に首の重心がないので、顔のつり合いが変わってしまうのです。

 

もし肩こりが気になっているなら、首の力を抜いて、背筋をピンと伸ばして天井を見ます。

 

そのまま、首をゆっくりと回します。

 

頭の重みを意識しつつ、首の筋肉を注意深く伸ばしていくようなつもりで行うことで、筋肉の血流を促進します。

 

 

頬のたるみは筋肉の衰えが原因

 

表情筋が細く弱ってしまったことが、頬のたるみに関係することがあります。

 

顔の筋肉が衰えて、頬のたるみが目立つようになると、口の周囲にほうれい線が多くできるようになります。

 

ほうれい線ができると急に老けて見えるようになってしまいますので、困っている女性もいます。

 

 

実年齢よりも老いて見えるようになった原因に、口元のほうれい線や、頬のたるみが関係しますので、対策を講じる必要があります。

 

ほうれい線は、年をとるとだんだんと目につきやすくなります。

 

口元を隠したり、カムフラージュすることは困難ですので、消したいと思う人は大勢います。

 

目じりの小じわ口元のほうれい線、この両方をわからないようにすることで、老けた印象を与えない顔でいることができるといいます。

 

 

たるみのない頬になるために、外科的な調整手段を用いて整骨をする人もいます。

 

施術の直後には効果はあるものの、肩こりマッサージのようなもので、根本的な改善にはなりません。

 

表情筋を筋トレで鍛えることによって、たるみのない肌を自分のものにすることができるといいます。

 

普段からこまめにフェイストレーニングを行うことによって、筋肉を強化するというもので、継続できるかどうかが大事です。

 

もしも、表情筋の筋トレが覚えにくいものだったり、わかりにくい内容である場合、長期間の継続が出来ずに、挫折してしまいかねません。

 

1日に2回、朝と晩などに5分ずつの筋トレを行います。

 

口輪筋を鍛えるためには、口角を上げたり、下げたりする運動を行って、口の周りにある筋肉を意識して使いましょう。

 

 

頬のたるみを解消し美顔になるには

 

体脂肪率を少なくすることと、頬の表情筋を強化させることが、頬のたるみ対策として有効になります。

 

人の皮膚は、筋肉によって張り付いていますので、筋肉が弱くなればたるみやすくなり、下へとたるみが出ます。

 

皮膚を顔に貼り付けておくためには、顔の筋肉が皮膚の重力に負けないように引き上げる力を持ち続けていられるかがポイントになります。

 

体の筋肉を強くするためには、その筋肉を伸縮させることです。

 

しかし、多くの人は表情筋をそれほど大きく動かす必要がない生活をしていますので、筋肉は弱まっていきます。

 

意識して筋トレをすることが難しいという時は、食事の際によく噛んで食べるようにすることで、筋肉を強化する効果が得られます。

 

 

筋力を高めるだけでなく、皮膚の脂肪を少なくすることも、頬のたるみ対策には有効です。

 

頬がたるむ原因に、脂肪による皮膚自体の重みがあります。

 

頬の脂肪を効率的に除去するには、全身の体脂肪率を減らすことです。

 

頬にたるみがない状態にするためには、体脂肪率の低い状態を目指してダイエットをしたり、太らない工夫をすることがポイントになります。

 

頬のたるみがない美顔に憧れる人は、全身のボディバランスを見直すなどの取り組みが効果を発揮します。

 

 

まとめ

 

口輪筋は顔全体に関係しています。

 

1日に5分の運動を2回行うという、とても簡単な内容ですが、続けていくことによって、頬のたるみに効果が発揮されます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

サイト内検索

廉(レン)の自己紹介

 

アンチエイジング部・リーダー
廉(レン)です。

当サイトにお越しいただき
ありがとうございます。

まずは僕の自己紹介をご覧ください。

 

お問い合わせ

わからないことがありましたら、
下のフォームから
お問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

最近のコメント

    記事カテゴリー

    人気記事ランキング(週間)

    まだデータがありません。

    人気記事一覧

    アーカイブ

    

    アーカイブ