12歳若返りも夢じゃない  アンチエイジング部・リーダー 廉(レン)の美容・健康法

アンチエイジング部・リーダー 廉が、12歳若返りもできる美容・健康法をお届けします。

star 人気RSS

顔のリフトアップをするためには

time 2018/12/14

顔のリフトアップをするためには

 

年をとるにつれ、顔のたるみが気にかかるようになったという人は大勢いるようです。

 

お肌の衰えによって、皮膚の自重を表情筋が支えきれなくなって、たるみが大きくなってくるようです。

 

 

簡単に出来るリフトアップの方法

 

若い頃はシャープだった顔のラインが、年をとると徐々に崩れてくることはよくある話です。

 

頬がたるんでくると、外見の印象にも大きな影響がありますので、何とか対策を講じたいという人もいます。

 

もしも顔のラインを引き締めることができるなら、試してみたいという人は少なくないようです。

 

顔のたるみを改善する効果があるというリフトアップには、どのようなやり方があるでしょうか?

 

美容に関心のある女性の中には、ネット通販などで美顔ローラーを入手し、毎日顔の上で転がしているようです。

 

 

たるみのない、引き締まった皮膚になるために、リフトアップにいいというマッサージを毎日行っている人もいます。

 

リンパや血流をマッサージによって流れやすくすることで、皮膚に残っていた水分や老廃物を体の外に出すよう促します。

 

 

鎖骨まわりのリンパマッサージを行うことで、リンパ腺の流れを活発にすることも大事なところです。

 

フェイスマッサージをする前に、首回りのリンパマッサージをして水分の流れを改善します。

 

仕上げに、両こめかみから顔の両端を通過し、首へとリンパが流れるようにマッサージをするといいでしょう。

 

朝晩のスキンケアをしている時や、昼の休憩時間にリフトアップマッサージをすると効果が期待できます。

 

即効性こそありませんが、顔のリフトアップマッサージを行うことで、顔に留まっていたいらない成分を速やかに体外に追い出し、肌を蘇らせられます。

 

 

顔のリフトアップをするためには

 

顔のたるみを改善するためにリフトアップを行いたいという場合は、どういったことが効果的でしょう?

 

年齢などの影響で皮膚のたるみが増してくと、あごや頬の皮膚が下へと下がり、顔のラインが違うものになります。

 

 

多くの女性が、年をとったことでたるみが増してきていることを気にしており、フェイスリフトアップをしたいと感じています。

 

美容メーカーや、基礎化粧品のメーカーも、リフトアップ効果が得られるというスキンケア用品を販売しています。

 

年をとると、皮膚のたるみが発生しやすくなる要因の一つとして、むくみがあります。

 

起き抜けに、顔がむくみやすくなっているという人もいますが、それは体内の水分が顔の近くに留まっていることで起きるものです。

 

体内の水分が、本来ならば体外に排出したいはずなのに、むくみとなって留まっているような人は大勢います。

 

筋肉を長時間使わないでいたり、ずっと同じ姿勢でいると、体内のポンプ機能がうまく働かずにむくみが出ることがありますので、デスクワークの人などは要注意です。

 

エステのマッサージコースなどで、強ばっている全身をもんでもらうことで、体内の循環を促進する効果が期待できます。

 

体の凝りをほぐし、リンパや水分の流れを円滑にすることが、顔のリフトアップの効果にもなります。

 

 

顔のリフトアップにはマッサージや筋トレが効果的

 

多くの女性たちは、ある程度の年齢になると、実年齢より若く見られて嫌な気はしないのではないでしょうか。

 

しかし、顔にシワやたるみがあると、年齢よりも老けて見えることもあるので、どうにか解消したいと思っている人も多いことでしょう。

 

実際の年齢より自分を若く演出したいからとオシャレに凝ってみたとしても、首元にたるみがあると、それだけで年をとって見えてしまいます。

 

顔にくすみやしみがある時には、ベースメイクで誤魔化すことが可能ですが、皮膚のたるみはそうはいきません。

 

効果的なリフトアップをしたい時には、マッサージをして皮膚の血流をよくしたり、表情筋を鍛えるといいでしょう。

 

指で皮膚をこするとしわの原因になりますので、マッサージをする時はクリームやオイルを利用します。

 

美容成分が配合されたマッサージ用のクリームを使用すれば、顔のしわ解消に役立つのでおすすめです。

 

 

顔の筋肉の衰えも、たるみの原因であるので、筋トレによって筋肉を鍛えることでたるみ解消になります。

 

何をすれば表情筋を動かせるのかわらないという人もいますが、主として表情を変えたり、口を動かしたりします。

 

舌を口の中でぐるぐる回してみたり、口を大きく開けながらあいうえおと順序よく発生するなど、一つ一つの運動はとてもシンプルです。

 

 

まとめ

 

色々な表情をしてみて、日常的には使うことがない表情筋を伸縮させることで、筋トレ効果が得られます。

 

たるみの目立つようになった顔の皮膚をリフトアップさせるには、顔のマッサージ筋トレが効果的です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

star 人気RSS

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

サイト内検索

廉(レン)の自己紹介

 

アンチエイジング部・リーダー
廉(レン)です。

当サイトにお越しいただき
ありがとうございます。

まずは僕の自己紹介をご覧ください。

 

お問い合わせ

わからないことがありましたら、
下のフォームから
お問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

最近のコメント

    記事カテゴリー

    人気記事一覧

    アーカイブ

    

    アーカイブ